グループウェア HotBiz は安心・快適なSaaS/ASPで、すぐに使える情報共有サービスです。

HotBizのセキュリティ

データの暗号化通信

グループウェア HotBiz は通信データの盗聴対策として暗号化通信(SSL)を標準で導入しています。
SSLに対応したスマートフォンなどのモバイル機器からも、安心してご利用いただけます。

暗号化通信(SSL)とは?

SSLはWebサーバーとWebブラウザー間のやり取りを暗号化し、通信内容を判読不能にする暗号通信プロトコルです。
サイトのアドレス(URL)が https: ≠ナ始まっていれば、そのサイト全体が暗号化されていることを示し、大切な情報を安全に送受信します。

SSL
「https:」で始まるサイトにアクセスした場合。
Webブラウザーに鍵のマークが表示されます。

SSLの重要な役割

WebサーバーとWebブラウザーの間は、HTTP というプロトコルによって通信が行われています。この HTTP はセキュリティ機能を持っていないため、悪意のある第三者がいた場合に、個人情報などの重要な情報を盗み見られてしまう危険性があります。

そこで、WebサーバーとWebブラウザーの間の情報を、安全にやりとりできる信頼できる仕組みである、暗号化通信(SSL)が必要となります。

HotBizにアクセスしている間は、HotBizサーバーとお客様のWebブラウザーにて暗号化通信の処理が、自動的に行われているため、特別なアプリケーションや操作は一切不要です。

SSL
ページのトップへ
  • サイトマップ
  • よくある質問
  • 機能一覧
  • グループウェアマニュアル
  • 契約者管理メニュー
  • パンフレット資料