グループウェア HotBiz はASPのプロフェッショナルが提供する、安心・快適な情報共有サービスです。

HotBizすたーと!

[0005] キャッシュからHotBizのデータが漏れることはない?

HotBiz、便利に使っています。
SSLの暗号化にも対応していてセキュリティ面でも安心できます。
ただ、HotBizアクセスに利用するブラウザには「キャッシュ機能」があります。
キャッシュされた画面データを他人に盗み読まれることはないか心配です。

ブラウザで「キャッシュしない」ように設定しましょう

ご存じのように、 HotBizはSSLによる通信経路の暗号化に対応しています。

暗号化モードで使用していれば、アクセス中にインターネット上のほかのコンピュータからデータを盗み読まれる心配はありません。

詳細は下記を参照してください。

STEP1

ブラウザによってはせっかく暗号化通信を利用していても、表示した画面をそのままハードディスク上に保存してしまうことがあります。

あとで同じページに再アクセスしたとき、高速に表示できるようにする「キャッシュ機能」を搭載したブラウザです。

このファイルは暗号化されませんから、誰かがパソコンを勝手に触れば中を盗み読むことができてしまいます。

Internet Explorerにも、このキャッシュ機能がついています。

STEP2

HotBizでは、 Internet Explorerのキャッシュファイルをふつうに開こうとしても(パスワードを保存するモードで使用していない限り)「ログイン」画面が出るため、ユーザー名・パスワードを知らない第三者に盗み読みするのは難しくなっています。

また、表示された情報のすべてがキャッシュされるわけではありません。

れでも、たいせつなデータを取り扱っている方にとっては、このブラウザの機能はあまり安心できるものではありません。

そこで、セキュリティを最重視する方はブラウザの伽主機能をオフにすることをオススメします。

STEP3

Internet Explorerでは、暗号化通信で取得したページのみキャッシュに残さないようにする機能があります。

これを設定します。設定には、Internet Explorer のメニューから「ツール」→「インターネットオプション」→「詳細設定」の中の

「暗号化されたページをディスクに保存しない」

をチェックします。

STEP No.3

STEP4

このオプションを有効にすると、ブラウザのアクセス速度が多少遅くなりますが、より安全に利用することができるようになります。

なお、HotBizをお使いのパソコンに第三者が触れることはないと考えられる環境であれば(独身者のご自宅など)、一般的にこのような対策を講じなくても実用的なセキュリティは保たれると考えてよいでしょう。

お使いの目的に合わせて、設定をご検討ください。

「HotBiz すたーと!」の記事は、HotBizのご契約者様・利用されている方のあいだに限り、本誌よりの転載と出所を明記した上で自由に再配布できます。御社内でのHotBiz活用のためにお役立てください。

戻る
ページのトップへ
  • サイトマップ
  • よくある質問
  • 機能一覧
  • グループウェアマニュアル
  • 契約者管理メニュー
  • パンフレット資料