グループウェア HotBiz はASPのプロフェッショナルが提供する、安心・快適な情報共有サービスです。

HotBizすたーと!

[0010] 「ウェブメール」でメール送信できない

HotBizの「ウェブメール」で、自分のプロバイダのメールを取得して読み書きしようとしています。
でも、メールの送信をしようとするとエラーが発生してうまくいきません。
これはなぜでしょうか?

POP3認証・SMTP認証を確認してください。

STEP1

プロバイダのメールサーバーには、かつては会員以外でも自由にメール送信のために使える設定になっているものがありました。

しかし、この状態ではさまざまないたずらや広告メール送信に悪用される恐れがあります。

そこで、現在では「会員であることを確認できない人は、メールサーバーを使ってメール送信できない」という設定を行っているプロバイダがほとんどです。

STEP2

この「会員であることを確認」するための処理が「POP3認証」「SMTP認証」と呼ばれるものです。

特に前者は「メール送信の前にPOP3認証を行う」処理で、多くのプロバイダで利用されています。

「POP3 before SMTP」などと呼ばれることもあります。

STEP3

ウェブメールでメール送信できないときは、この処理を「行う」設定になっていないことが考えられます。

「ウェブメール」の「個人設定」で「送信の前にPOP3認証を行う」がチェックされているかどうかを確認してください。

もしチェックされていなければ設定を変更しましょう。

また、プロバイダによってはもっと確実な認証手段としてSMTP認証を導入している場合があります。

この場合は同じ画面の「SMTP認証を行う」をチェックして、「SMTPアカウント名」「SMTPパスワード」をプロバイダの指示に従って設定しましょう。

これでウェブメールでのメール送信が可能になるはずです。

STEP No.3

「HotBiz すたーと!」の記事は、HotBizのご契約者様・利用されている方のあいだに限り、本誌よりの転載と出所を明記した上で自由に再配布できます。御社内でのHotBiz活用のためにお役立てください。

戻る
ページのトップへ
  • サイトマップ
  • よくある質問
  • 機能一覧
  • グループウェアマニュアル
  • 契約者管理メニュー
  • パンフレット資料